「2017年06月」の記事一覧

2017.06.20

能登半島の温泉宿/旬の海鮮食うなら能登の庄

新緑が美しく、アジサイも負けじと梅雨に向けて華やかに咲き始めました

この時期は、夏牡蠣と呼ばれる天然岩牡蠣が旬!!

能登の天然岩ガキは40年以上前から漁がおこなわれていて、一番水揚げ量が多いのは輪島!!

輪島市では、約200人の海女さんが一斉に漁獲するので、生産量が全国トップクラスなのです!(^^)!

まだまだ岩ガキの本格シーズン真っ只中です!!

冬の真牡蠣とは異なり、刺身にしても美味しいですよ(^^♪

巨大な殻とぷりっぷりの大きな身が特徴的で、くせが無く味も非常にマイルド

是非、輪島の夏の風物詩としてご賞味ください(^^)/

能登の庄では、地物の海鮮・野菜と一緒に、蒸し鍋としてポン酢で召し上がっていただいております(*^^*)

——————————————————————————————–

【日本唯一 奇跡の湯】ねぶた温泉 海游 能登の庄 /石川県 奥 能登 輪島
〒928-0005 石川県輪島市大野町ねぶた温泉

能登の庄 アクセス 地図

お問い合わせはこちらから!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓

TEL. (0768)-22-0213  FAX. (0768)-22-2797

http://www.notonosho.co.jp/

 

2017.06.20

「能登は優しや土までも」人情あふれる輪島朝市まで車8分の宿『能登の庄』

私がかつて幼かったころ (40~50年前…)(^^;) 朝市はまさに市民の台所でした。

市内の人たちは買い物は、みんな毎朝朝市に行くのが日課でした。

スーパーもあまり無い時代で 玉子でさえ1個から売ってくれました。

顔見知りになるとおまけしてくれたり、小さい子供がいると「いちゃけやね~」(可愛いという輪島弁です)

と、お菓子をくれたり何とものどかな光景でした。

その頃は鉄道が輪島まで来ていて 奥能登は大勢の観光客で賑わっていました。

もともとは 物々交換から 始まった朝市・・魚あり、野菜あり、海藻 季節によっては

お餅や、お花、などなど・・今は どちらかというと 観光客がメインのような気もしますが

いまでも 各家では 魚はここ、野菜はここ、漬物は○○さんと 決まっているのが 朝市の

魅力のひとつです。

——————————————————————————————–

【日本唯一 奇跡の湯】ねぶた温泉 海游 能登の庄 /石川県 奥 能登 輪島
〒928-0005 石川県輪島市大野町ねぶた温泉

能登の庄 アクセス 地図

お問い合わせはこちらから!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓

TEL. (0768)-22-0213  FAX. (0768)-22-2797

http://www.notonosho.co.jp/

2017年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

サイト内検索

空室検索